ホーム » TensorFlow » TensorFlow : Install : TensorFlow for C をインストールする

TensorFlow : Install : TensorFlow for C をインストールする

TensorFlow : Install : TensorFlow for C をインストールする (翻訳/解説)
翻訳 : (株)クラスキャット セールスインフォメーション
作成日時 : 04/29/2017

* 本ページは、TensorFlow の本家サイトの Install – Installing TensorFlow for C を翻訳した上で
適宜、補足説明したものです:
    https://www.tensorflow.org/install/install_c
* ご自由にリンクを張って頂いてかまいませんが、sales-info@classcat.com までご一報いただけると嬉しいです。

 

TensorFlow は c_api.h で定義される C API を提供します、これは他の言語のための binding をビルドするために適切です。API は便利さよりも単純性と統一性に寄っています。

 

サポートされるプラットフォーム

TensorFlow for C は次のオペレーティング・システム上でインストールできます :

  • Linux
  • Mac OS X

 

インストール

TensorFlow for C ライブラリをインストールして TensorFlow for C を有効にするには次のステップを取ってください :

  1. TensorFlow for C を CPU(s) 上のみか GPU(s) の援助の上で実行するかを決めます。決定を助けるためには、次のガイドの一つの “Determine which TensorFlow to install” というタイトルのセクションを読んでください :
  2. 次のシェルコマンドを起動して TensorFlow C ライブラリをダウンロードして /usr/local/lib に extract します :
     TF_TYPE="cpu" # Change to "gpu" for GPU support
     OS="linux" # Change to "darwin" for Mac OS
     TARGET_DIRECTORY="/usr/local"
     curl -L "https://storage.googleapis.com/tensorflow/libtensorflow/libtensorflow-${TF_TYPE}-${OS}-x86_64-1.1.0.tar.gz" | sudo tar -C $TARGET_DIRECTORY -xz
    

     
    tar コマンドは TensorFlow C ライブラリを TARGET_DIRECTORY の lib サブディレクトリに extract します。例えば、/usr/local の TARGET_DIRECTORY としての指定は tar に TensorFlow C ライブラリを /usr/local/lib に extract させます。
    ライブラリを異なるディレクトリに extract したいのであれば、それに従って TARGET_DIRECTORY を調整してください。

  3. ステップ 2 で、TARGET_DIRECTORY としてシステム・ディレクトリ (例えば、/usr/local) を指定した場合は、リンカを構成するために ldconfig を実行します。例えば :
    sudo ldconfig
    

    TARGET_DIRECTORY をシステム・ディレクトリ以外に割り当てた場合は (例えば、~/mydir)、
    extraction ディレクトリ (例えば、~/mydir/lib) を次のように2つの環境変数に追加しなければなりません :

     export LIBRARY_PATH=$LIBRARY_PATH:~/mydir/lib # For both Linux and Mac OS X
     export LD_LIBRARY_PATH=$LD_LIBRARY_PATH:~/mydir/lib # For Linux only
     export DYLD_LIBRARY_PATH=$DYLD_LIBRARY_PATH:~/mydir/lib # For Mac OS X only
    

 

インストールを検証する

TensorFlow for C をインストールした後、hello_tf.c という名前のファイルに次のコードを入力します :

#include <stdio.h>
#include <tensorflow/c/c_api.h>

int main() {
  printf(“Hello from TensorFlow C library version %s\n”, TF_Version());
  return 0;
}

ビルドと実行

次のコマンドを起動して hello_tf.c をビルドします :

gcc hello_tf.c

結果としての executable の実行は次のメッセージを出力するはずです :

a.out
Hello from TensorFlow C library version number

(訳注: 実行結果の出力です)

Hello from TensorFlow C library version 1.1.0

Troubleshooting

プログラムのビルドが失敗する場合、最もありがちな原因は gcc が TensorFlow C ライブラリを見つけられないことです。この問題を修正する一つの方法は gcc に -I と -L オプションを指定することです。例えば、もし TARGET_LIBRARY が /usr/local ならば、gcc を次のように起動します :

gcc -I/usr/local/include -L/usr/local/lib hello_tf.c -ltensorflow

もし a.out の実行が失敗するなら、自分自身に次の質問を問いかけましょう :

  • プログラムはエラーなしにビルドしたか?
  • インストールのステップ 3 で記載された環境変数に正しいディレクトリを割り当てたか?
  • それらの環境変数を export したか?

もし依然としてビルドまたは実行エラーメッセージを見るのであれば、可能な解法のために StackOverflow を検索 (に投稿) しましょう。

 

以上



AI導入支援 #2 ウェビナー

スモールスタートを可能としたAI導入支援   Vol.2
[無料 WEB セミナー] [詳細]
「画像認識 AI PoC スターターパック」の紹介
既に AI 技術を実ビジネスで活用し、成果を上げている日本企業も多く存在しており、競争優位なビジネスを展開しております。
しかしながら AI を導入したくとも PoC (概念実証) だけでも高額な費用がかかり取組めていない企業も少なくないようです。A I導入時には欠かせない PoC を手軽にしかも短期間で認知度を確認可能とするサービの紹介と共に、AI 技術の特性と具体的な導入プロセスに加え運用時のポイントについても解説いたします。
日時:2021年10月13日(水)
会場:WEBセミナー
共催:クラスキャット、日本FLOW(株)
後援:働き方改革推進コンソーシアム
参加費: 無料 (事前登録制)
人工知能開発支援
◆ クラスキャットは 人工知能研究開発支援 サービスを提供しています :
  • テクニカルコンサルティングサービス
  • 実証実験 (プロトタイプ構築)
  • アプリケーションへの実装
  • 人工知能研修サービス
◆ お問合せ先 ◆
(株)クラスキャット
セールス・インフォメーション
E-Mail:sales-info@classcat.com