ホーム » Keras » Keras 2.0.7 リリースノート

Keras 2.0.7 リリースノート

Keras 2.0.7 リリースノート (翻訳)

翻訳 : (株)クラスキャット セールスインフォメーション
日時 : 08/26/2017

* 本ページは、github Keras の releases の Keras 2.0.7 を翻訳したものです:

 

改善領域

  • バグ修正。
  • パフォーマンス修正。
  • ドキュメンテーション改良。
  • TensorFlow のデータ tensor からモデルを訓練するためのより良いサポート (e.g. Datasets, TFRecords)。関連するサンプル・スクリプトの追加。
  • ops の名前スコープへのより良いグルーピングで TensorBoard UX を改良。
  • テスト coverage の改良。

 

API 変更

  • テンプレートとして利用するために既存のモデルが与えられた時、新しいモデルをコンストラクトすることを可能にする、clone_model メソッドを追加。TensorFlow graph においてさえもオリジナル・モデルのそれとは異なるものとして動作します。
  • compile に target_tensors 引数を追加、これはモデル target としてカスタム tensor または placeholder を使用することを可能にします。
  • fit に steps_per_epoch 引数を追加、これは Numpy 配列から訓練するのと同じようなにデータ tensor からモデルを訓練することを可能にします。
  • 同様に、predict と evaluate に steps 引数を追加。
  • Subtract merge 層、そして関連する層関数 subtract を追加。
  • sample_weight と class_weight を考慮することを意図した metric 関数を追加するために compile に weighted_metrics 引数を追加。
  • stop_gradients バックエンド関数を backends に渡り一貫性を持たせる。
  • repeat_elements バックエンド関数で dynamic shape を可能にする。
  • CNTK で stateful RNN を有効にする。

 

重要な変更

  • バックエンド・メソッド categorical_crossentropy, sparse_categorical_crossentropy, binary_crossentropy はそれらの位置引数 (y_true, y_pred) の順序を逆にしました。この変更は損失 API には影響を与えません。この変更は損失 (losses) API とバックエンド API の間の API 一貫性を得るために行なわれました。
  • 制約管理を variable 属性上に基づくように移動しました。層とモデル上の今では使用されない制約属性は取り除きました (任意のユーザに影響を与えるとは思われません)。

 
以上

AI導入支援 #2 ウェビナー

スモールスタートを可能としたAI導入支援   Vol.2
[無料 WEB セミナー] [詳細]
「画像認識 AI PoC スターターパック」の紹介
既に AI 技術を実ビジネスで活用し、成果を上げている日本企業も多く存在しており、競争優位なビジネスを展開しております。
しかしながら AI を導入したくとも PoC (概念実証) だけでも高額な費用がかかり取組めていない企業も少なくないようです。A I導入時には欠かせない PoC を手軽にしかも短期間で認知度を確認可能とするサービの紹介と共に、AI 技術の特性と具体的な導入プロセスに加え運用時のポイントについても解説いたします。
日時:2021年10月13日(水)
会場:WEBセミナー
共催:クラスキャット、日本FLOW(株)
後援:働き方改革推進コンソーシアム
参加費: 無料 (事前登録制)
人工知能開発支援
◆ クラスキャットは 人工知能研究開発支援 サービスを提供しています :
  • テクニカルコンサルティングサービス
  • 実証実験 (プロトタイプ構築)
  • アプリケーションへの実装
  • 人工知能研修サービス
◆ お問合せ先 ◆
(株)クラスキャット
セールス・インフォメーション
E-Mail:sales-info@classcat.com