ホーム » TensorFlow » TensorFlow 1.7.0 リリースノート

TensorFlow 1.7.0 リリースノート

TensorFlow 1.7.0 リリースノート(翻訳)

翻訳 : (株)クラスキャット セールスインフォメーション
日時 : 03/29/2018

* 本ページは、github TensorFlow の releases の TensorFlow 1.7.0 を翻訳したものです:

 

主要な特徴と改良

  • Eager モードは contrib から移動しています、enable_eager_execution() を試してください。
  • Graph は、TensorFlow Lite と互換な固定小数点数の量子化のエミュレーションを書き直し、これは新しい tf.contrib.quantize パッケージによってサポートされます。
  • 勾配計算を tf.custom_gradient で簡単にカスタマイズします。
  • TensorBoard Debugger プラグイン、TensorFlow Debugger (tfdbg) のグラフィカル・ユーザインタフェース (GUI)、が今では alpha になります。
  • 新しい tf.contrib.data.SqlDataset で sqlite データベースを Dataset として読むための実験的サポート。
  • 分散 Mutex / CriticalSection が tf.contrib.framework.CriticalSection に追加されました。
  • tf.regex_replace によるより良いテキスト処理。
  • tf.contrib.data.bucket_by_sequence_length による簡単で、効率的なシークエンス入力。

 

バグ修正とその他の変更

  • Accelerated Linear Algebra (XLA):
    • XLA のための MaxPoolGradGrad サポートの追加。
    • XLA において Tensorflow からの CSE パスは今では無効にされています。
  • tf.data:
    • tf.data.Dataset
      • tf.load_op_library() メカニズムを使用した、C++ Dataset op kernel を外部ライブラリとしてビルドするためのサポートを追加。
      • Dataset.list_files() は今ではデフォルトでその出力をシャッフルします。
      • Dataset.shuffle(…, seed=tf.constant(0, dtype=tf.int64)) は今では Dataset.shuffle(…, seed=0) と同じ要素のシークエンスを生成します。
    • tf.data.TFRecordDataset に num_parallel_reads 引数を追加。
  • tf.contrib:
    • tf.contrib.bayesflow.halton_sequence は今ではランダム化をサポートします。
    • tf.contrib.all_reduce におけるスカラーのサポートを追加。
    • tf.contrib.bayesflow.mcmc_diagnostics に effective_sample_size を追加。
    • tf.contrib.bayesflow.mcmc_diagnostics に potential_scale_reduction を追加。
    • BatchNormalization, Kumaraswamy bijector を追加。
    • tf.contrib.learn を deprecate します。既存のコードをどのように変換するかの手順は contrib/learn/README.md をチェックしてください。(訳注: リンクはなし)
    • tf.contrib.data
      • deprecated な tf.contrib.data.Dataset, tf.contrib.data.Iterator, tf.contrib.data.FixedLengthRecordDataset, tf.contrib.data.TextLineDataset, そして tf.contrib.data.TFRecordDataset クラスを除去しました。
      • bucket_by_sequence_length, sliding_window_batch, そして make_batched_features_dataset を追加しました。
    • 保守されていない tf.contrib.ndlstm を除去しました。https://github.com/tmbarchive/tfndlstm でそれを外部で見つけることができます。
    • tf.contrib.bayesflow の殆どをそれ自身の repo: tfp に移動しました。
  • その他:
    • 例外が発生する場合、tf.py_func は今では完全なスタック・トレースをレポートします。
    • Cloud TPU のために GKE の統合により TPUClusterResolver を統合します。
    • サンプラーの統計的テストのためのライブラリの追加。
    • GCE VM からのデータを Cloud TPU にストリームするためのヘルパーを追加。
    • ClusterResolvers を TPUEstimator により統合します。
    • metropolis_hastings インターフェイスを HMC kernel で統一。
    • LIBXSMM 畳み込みを別の –define フラグに移動する結果それらはデフォルトでは無効化されました。
    • MomentumOptimizer lambda の修正。
    • プログラマブルな docstring を通して tfp.layers のボイラープレートを削減します。
    • auc_with_confidence_intervals を追加します、線形対数時間計算量で AUC と信頼区間 (= confidence interval) を計算するためのメソッドです。
    • array_ops.identity が要請を満たさない場合にユーザが自身のリンク関数を定義できる使用方法を満たすために、regression_head は今ではカスタマイズされたリンク関数を受け取ります。
    • VariableDef proto から作成された ResourceVariables のために initialized_value と initial_value の挙動を修正します。
    • テンソルの仕様を表現するために TensorSpec を追加します。
    • Constant folding pass は今では決定論的です。
    • tf.linalg.* において float16 dtype をサポート。
    • tf.estimator.Estimator.export_savedmodel に生テンソルをモデル関数に渡すことを可能にする tf.estimator.export.TensorServingInputReceiver を追加します。

 
以上

AI導入支援 #2 ウェビナー

スモールスタートを可能としたAI導入支援   Vol.2
[無料 WEB セミナー] [詳細]
「画像認識 AI PoC スターターパック」の紹介
既に AI 技術を実ビジネスで活用し、成果を上げている日本企業も多く存在しており、競争優位なビジネスを展開しております。
しかしながら AI を導入したくとも PoC (概念実証) だけでも高額な費用がかかり取組めていない企業も少なくないようです。A I導入時には欠かせない PoC を手軽にしかも短期間で認知度を確認可能とするサービの紹介と共に、AI 技術の特性と具体的な導入プロセスに加え運用時のポイントについても解説いたします。
日時:2021年10月13日(水)
会場:WEBセミナー
共催:クラスキャット、日本FLOW(株)
後援:働き方改革推進コンソーシアム
参加費: 無料 (事前登録制)
人工知能開発支援
◆ クラスキャットは 人工知能研究開発支援 サービスを提供しています :
  • テクニカルコンサルティングサービス
  • 実証実験 (プロトタイプ構築)
  • アプリケーションへの実装
  • 人工知能研修サービス
◆ お問合せ先 ◆
(株)クラスキャット
セールス・インフォメーション
E-Mail:sales-info@classcat.com