ホーム » Keras » Keras 2.1.6 リリースノート

Keras 2.1.6 リリースノート

Keras 2.1.6 リリースノート (翻訳)

翻訳 : (株)クラスキャット セールスインフォメーション
日時 : 04/24/2018

  • Keras のマイナーアップデート 2.1.6 がリリースされましたので、リリースノートを翻訳しておきました。
  • 本リリースはバグ修正が中心です。仕様変更としては関数引数の追加が目立ちますが、
    特に multi_gpu_model 関数において、テンプレート・モデルの重みを CPU 上にあることを強制するか否か、merge 演算を CPU 上か GPU 上で動作するかを制御するための引数が追加されました。

* 本ページは、github Keras の releases の Keras 2.1.6 を翻訳したものです:

 

改良領域

  • バグ修正
  • ドキュメント改良
  • 小さなユーザビリティ改良

 

API 変更

  • コールバック ReduceLROnPlateau において、epsilon 引数を min_delta に名前変更しました (後方互換性)。
  • コールバック RemoteMonitor において、引数 send_as_json を追加します。
  • バックエンド softmax 関数において、引数 axis を追加します。
  • Flatten 層において、引数 data_format を追加します。
  • save_model (Model.save) と load_model 関数において、h5py.File オブジェクトとなる filepath 引数を可能にします。
  • Model.evaluate_generator において、verbose 引数を追加します。
  • Bidirectional ラッパー層において、constants 引数を追加します。
  • multi_gpu_model 関数において、引数 cpu_merge と cpu_relocation を追加します (テンプレート・モデルの重みを CPU 上にあることを強制するか否か、そして merge 演算を CPU 上か GPU 上で動作するかを制御します)。
  • ImageDataGenerator において、int か 1D 配列-like となる引数 width_shift_range を可能にします。

 

互換性を壊す変更 (Breaking Changes)

このリリースは既知の互換性を壊す変更は含みません。

 
以上

AI導入支援 #2 ウェビナー

スモールスタートを可能としたAI導入支援   Vol.2
[無料 WEB セミナー] [詳細]
「画像認識 AI PoC スターターパック」の紹介
既に AI 技術を実ビジネスで活用し、成果を上げている日本企業も多く存在しており、競争優位なビジネスを展開しております。
しかしながら AI を導入したくとも PoC (概念実証) だけでも高額な費用がかかり取組めていない企業も少なくないようです。A I導入時には欠かせない PoC を手軽にしかも短期間で認知度を確認可能とするサービの紹介と共に、AI 技術の特性と具体的な導入プロセスに加え運用時のポイントについても解説いたします。
日時:2021年10月13日(水)
会場:WEBセミナー
共催:クラスキャット、日本FLOW(株)
後援:働き方改革推進コンソーシアム
参加費: 無料 (事前登録制)
人工知能開発支援
◆ クラスキャットは 人工知能研究開発支援 サービスを提供しています :
  • テクニカルコンサルティングサービス
  • 実証実験 (プロトタイプ構築)
  • アプリケーションへの実装
  • 人工知能研修サービス
◆ お問合せ先 ◆
(株)クラスキャット
セールス・インフォメーション
E-Mail:sales-info@classcat.com