ホーム » Keras » Keras 2.2.3 リリースノート

Keras 2.2.3 リリースノート

Keras 2.2.3 リリースノート (翻訳)

翻訳 : (株)クラスキャット セールスインフォメーション
日時 : 10/03/2018

  • Keras のマイナーアップデート 2.2.3 がリリースされましたので、リリースノートを翻訳しておきました。

* 本ページは、github Keras の releases の Keras 2.2.3 を翻訳したものです:

 

改良領域

  • API 完全性 & ユーザビリティの改良
  • バグ修正
  • ドキュメント改良

 

API 変更

  • Keras モデルは今では安全に pickle 化されます。
  • 活性化層 ThresholdedReLU と LeakyReLU の機能を ReLU 層に統合整理します。
  • 結果的に、ReLU 層は今では新しい引数 negative_slope と threshold を取り、そしてバックエンドの relu 関数は新しい threshold 引数を取ります。
  • TensorBoard callback で update_freq 引数を追加します、TensorBoard ログをどのくらいの頻度で書くかを制御します。
  • keras.activations に指数関数を追加します。
  • 総ての 4 Pooling1D 層に data_format 引数を追加します。
  • UpSampling2D 層と resize_images バックエンド関数の interpolation 引数を追加します、モード “nearest” (以前の挙動, そして新しいデフォルト) と “bilinear” (新規) をサポートします。
  • Conv2DTranspose 層と conv2d_transpose バックエンド関数に dilation_rate 引数を追加します。
  • LearningRateScheduler は今では on_epoch_end の logs 引数の一部として lr キーを受け取ります (学習率の現在値)。
  • GlobalAveragePooling1D 層をマスキングをサポートするようにします。
  • save_model と model.save() の filepath 引数は今では h5py.Group インスタンスでもかまいません。
  • EarlyStopping callback に引数 restore_best_weights を追加します (オプションで最高の監視されたスコア値を得た重みに逆戻りします)。
  • keras.utils.to_categorical に dtype 引数を追加します。
  • TensorFlow バックエンドのためにmodel.compile() でオプションの session 引数として run_options と run_metadata をサポートします。

 

互換性を壊す変更 (Breaking Changes)

  • Sequential.get_config() の戻り値を変更します。以前は、戻り値はモデルの層の config 辞書のリストでした。今では、戻り値はキー layers, name, そしてオプションのキー build_input_shape を持つ辞書です。古い config は new_config[‘layers’] と等価です。これは get_config の出力を総てのモデルクラスに渡り首尾一貫させます。

 
以上



AI導入支援 #2 ウェビナー

スモールスタートを可能としたAI導入支援   Vol.2
[無料 WEB セミナー] [詳細]
「画像認識 AI PoC スターターパック」の紹介
既に AI 技術を実ビジネスで活用し、成果を上げている日本企業も多く存在しており、競争優位なビジネスを展開しております。
しかしながら AI を導入したくとも PoC (概念実証) だけでも高額な費用がかかり取組めていない企業も少なくないようです。A I導入時には欠かせない PoC を手軽にしかも短期間で認知度を確認可能とするサービの紹介と共に、AI 技術の特性と具体的な導入プロセスに加え運用時のポイントについても解説いたします。
日時:2021年10月13日(水)
会場:WEBセミナー
共催:クラスキャット、日本FLOW(株)
後援:働き方改革推進コンソーシアム
参加費: 無料 (事前登録制)
人工知能開発支援
◆ クラスキャットは 人工知能研究開発支援 サービスを提供しています :
  • テクニカルコンサルティングサービス
  • 実証実験 (プロトタイプ構築)
  • アプリケーションへの実装
  • 人工知能研修サービス
◆ お問合せ先 ◆
(株)クラスキャット
セールス・インフォメーション
E-Mail:sales-info@classcat.com