ホーム » MediaPipe » MediaPipe 0.8 : Getting Started : MediaPipe in Python

MediaPipe 0.8 : Getting Started : MediaPipe in Python

MediaPipe 0.8 : Getting Started : MediaPipe in Python (翻訳/解説)

翻訳 : (株)クラスキャット セールスインフォメーション
作成日時 : 03/06/2021 (0.8.3)

* 本ページは、MediaPipe の以下のドキュメントを翻訳した上で適宜、補足説明したものです:

* サンプルコードの動作確認はしておりますが、必要な場合には適宜、追加改変しています。
* ご自由にリンクを張って頂いてかまいませんが、sales-info@classcat.com までご一報いただけると嬉しいです。

 

無料セミナー実施中 クラスキャット主催 人工知能 & ビジネス Web セミナー

人工知能とビジネスをテーマにウェビナー (WEB セミナー) を定期的に開催しています。スケジュールは弊社 公式 Web サイト でご確認頂けます。
  • お住まいの地域に関係なく Web ブラウザからご参加頂けます。事前登録 が必要ですのでご注意ください。
  • Windows PC のブラウザからご参加が可能です。スマートデバイスもご利用可能です。
クラスキャットは人工知能・テレワークに関する各種サービスを提供しております :

人工知能研究開発支援 人工知能研修サービス テレワーク & オンライン授業を支援
PoC(概念実証)を失敗させないための支援 (本支援はセミナーに参加しアンケートに回答した方を対象としています。)

お問合せ : 本件に関するお問い合わせ先は下記までお願いいたします。

株式会社クラスキャット セールス・マーケティング本部 セールス・インフォメーション
E-Mail:sales-info@classcat.com ; WebSite: https://www.classcat.com/
Facebook: https://www.facebook.com/ClassCatJP/

 

 

MediaPipe 0.8 : Getting Started : MediaPipe in Python

Ready-to-use Python ソリューション

MediaPipe は ready-to-use でありながらカスタマイズ可能な Python ソリューションを事前ビルドされた Python パッケージとして提供します。MediaPipe Python パッケージは Linux, macOS と Windows のために PyPI で利用可能です。

例えば、Python 仮想環境を有効にできます :

$ python3 -m venv mp_env && source mp_env/bin/activate

MediaPipe Python パッケージをインストールして Python インタープリタを起動します :

(mp_env)$ pip install mediapipe
(mp_env)$ python3

Python インタープリタで、パッケージをインポートしてソリューションの一つを利用し始めます :

import mediapipe as mp
mp_face_mesh = mp.solutions.face_mesh

configuration オプションと使用サンプルについて更に学習するためには、下のリンクを通して各ソリューションの詳細を探してください :

 

MediaPipe on Google Colab

 

MediaPipe Python フレームワーク

ready-to-use ソリューションは MediaPipe Python フレームワーク上に構築されます、これは 上級ユーザにより自身の MediaPipe graphs を Python で実行するために利用できます。より多くの情報については ここ を見てください。

 

MediaPipe Python パッケージをビルドする

ローカル変更を持ちソースから Python パッケージをビルドする必要がある場合に限り下のステップに従ってください。そうでないなら、ready-to-use ソリューションを利用するために単純に pip install mediapipe を実行することをユーザに強く勧めます、より便利で遥かに高速です。

MediaPipe PyPI は現在 aarch64 Python wheel ファイルを提供しません。Nvidia Jetson と Raspberry Pi のような aarch64 Linux システム上の MediaPipe Python をビルドして使用するためには、ここ を読んでください。

  1. MediaPipe のために Bazel と OpenCV が正しくインストールされていることを確実にしてください。Linux と macOS 上 MediaPipe のために Bazel と OpenCV をどのようにセットアップするかについては Installation を見てください。
  2. 以下の依存性をインストールする。

    Debian or Ubuntu:

    $ sudo apt install python3-dev
    $ sudo apt install python3-venv
    $ sudo apt install -y protobuf-compiler
    
    # If you need to build opencv from source.
    $ sudo apt install cmake
    

    macOS:

    $ brew install protobuf
    
    # If you need to build opencv from source.
    $ brew install cmake
    
  3. Python 仮想環境を有効にする。
    $ python3 -m venv mp_env && source mp_env/bin/activate
    
  4. 仮想環境で、MediaPipe repo ディレクトリに行く。
  5. 必要な Python パッケージをインストールする。
    (mp_env)mediapipe$ pip3 install -r requirements.txt
    
  6. MediaPipe パッケージを生成してインストールする。
    (mp_env)mediapipe$ python3 setup.py gen_protos
    (mp_env)mediapipe$ python3 setup.py install --link-opencv
    

    or

    (mp_env)mediapipe$ python3 setup.py gen_protos
    (mp_env)mediapipe$ python3 setup.py bdist_wheel
    
 

以上







AI導入支援 #2 ウェビナー

スモールスタートを可能としたAI導入支援   Vol.2
[無料 WEB セミナー] [詳細]
「画像認識 AI PoC スターターパック」の紹介
既に AI 技術を実ビジネスで活用し、成果を上げている日本企業も多く存在しており、競争優位なビジネスを展開しております。
しかしながら AI を導入したくとも PoC (概念実証) だけでも高額な費用がかかり取組めていない企業も少なくないようです。A I導入時には欠かせない PoC を手軽にしかも短期間で認知度を確認可能とするサービの紹介と共に、AI 技術の特性と具体的な導入プロセスに加え運用時のポイントについても解説いたします。
日時:2021年10月13日(水)
会場:WEBセミナー
共催:クラスキャット、日本FLOW(株)
後援:働き方改革推進コンソーシアム
参加費: 無料 (事前登録制)
人工知能開発支援
◆ クラスキャットは 人工知能研究開発支援 サービスを提供しています :
  • テクニカルコンサルティングサービス
  • 実証実験 (プロトタイプ構築)
  • アプリケーションへの実装
  • 人工知能研修サービス
◆ お問合せ先 ◆
(株)クラスキャット
セールス・インフォメーション
E-Mail:sales-info@classcat.com