ホーム » クラスキャット・プレスリリース (2019 〜 2021 年)

クラスキャット・プレスリリース (2019 〜 2021 年)

「画像認識AI PoCスターターパック」の提供を開始

共同 Press Release (07/26/2021)
株式会社クラスキャット
日本FLOW株式会社
「画像認識 AI PoC スターターパック」の提供を開始
~ 手軽にAI(人工知能)導入普及促進を支援 ~

株式会社クラスキャット(茨城県取手市:代表取締役社長 佐々木規行)と日本FLOW株式会社(東京都港区:代表取締役社長 半戸祐次)は、手軽にAI導入へチャレンジできるPoC環境を用意し、AI導入普及を促進させることを目的とした、「画像認識AI PoCスターターパック」を共同で開発し本日から提供を開始いたします。   [Read More …]   (07/26/2021)

お問合せ : 本件に関するお問い合わせ先は下記までお願いいたします。

株式会社クラスキャット セールス・マーケティング本部 セールス・インフォメーション
E-Mail:sales-info@classcat.com ; WebSite: https://www.classcat.com/
Facebook: https://www.facebook.com/ClassCatJP/ ; Twitter: https://twitter.com/ClassCat_AI_Lab/

◆ 主なメディア掲載

 

三次元医療画像処理モデルを含む人工知能コレクションと 人工知能モデルサービング機能の統合ソリューションを2021年2月から提供開始

Press Release (02/01/2021)
三次元医療画像処理モデルを含む人工知能コレクションと
人工知能モデルサービング機能の統合ソリューションを2021年2月から提供開始
– 「ClassCat® Eager-Brains Enterprise Editon」 –

株式会社クラスキャット (代表取締役社長:佐々木規行、茨城県取手市) は、三次元医療画像処理モデルを含む人工知能コレクションと人工知能モデルサービング機能を統合したソリューション新製品「ClassCat® Eager-Brains Enterprise Edition」を2月1日から提供開始することを発表致しました。本製品は深層学習フレームワーク TensorFlow と PyTorch 最新版をベースにする人工知能コレクションを軸に、企業ユースを想定したデータ・パイプラインやプロダクション配備のためのエコシステムをアレンジした、包括的な人工知能サービス提供プラットフォームです。動作環境はマルチクラウドに対応しています。   [Read More …]   (02/01/2021)

◆ 主なメディア掲載

 

日本語 ALBERT モデルをベースとする最適化可能な自動テキスト要約ソリューションを提供開始

Press Release (12/14/2020)
TensorFlow 2 対応 日本語 ALBERT モデルをベースとする最適化可能な
自動テキスト要約ソリューションを 2021 年 1 月から提供開始
– 「ClassCat® Text Summarizer v2.0」 –

株式会社クラスキャット (代表取締役社長:佐々木規行、茨城県取手市) は、最新の深層学習技術をベースとする、最適化可能な多言語対応の自動テキスト要約ソリューション「ClassCat® Text Summarizer v2.0」を2021 年 1 月から提供開始することを発表致しました。本製品は「ClassCat® Text Summarizer」シリーズの最新版で ALBERT と呼称される自然言語処理技術を応用しています。ALBERT は汎用性のある軽量なモデルであるために低コストで対象領域に最適化が可能になっている点が特徴的ですが、複数の埋め込みモデルを組み合せて精度をあげることも可能になっています。日本語と英語にデフォルトで対応しており印欧語についてもオプションで提供可能ですが、他のどのような言語にも対応可能です。実装は標準的な深層学習フレームワークの最新版 TensorFlow 2.3 を利用しています。   [Read More …]   (12/14/2020)

 

Amazon Braket 対応、ビジネス利用目的に特化した 量子計算ソリューション・コレクションを2020年10月から提供開始

Press Release (09/14/2020)
量子クラウドサービス Amazon Braket 対応、ビジネス利用目的に特化した
量子計算ソリューション・コレクションを2020年10月から提供開始
– 「ClassCat® QC Solutions Collection for Business」 –

株式会社クラスキャット (代表取締役社長:佐々木規行、茨城県取手市) は、量子クラウドサービス Amazon Braket に対応した、量子計算ソリューション・コレクションの提供を開始することを発表致しました。その第1弾と致しまして、ビジネス利用目的に特化した「ClassCat® QC Solutions Collection for Business」を2020年10月から提供開始致します。本製品は Amazon EC2 を始めとする各種パブリッククラウド上の Jupyter ノートブックとして提供され、技術コンサルティングサービスの利用も併せて提供可能となっています。また、Amazon Braket 以外の各種量子クラウドサービスに対応したソリューション・コレクションも順次提供していく予定です。   [Read More …]   (09/14/2020)

◆ 主なメディア掲載

 

PoC (概念実証) を支援・効率化する Kubeflow 1.0 対応の自動深層学習サービスの提供を開始

Press Release (04/07/2020)
PoC (概念実証) を支援・効率化する
Kubeflow 1.0 対応の自動深層学習サービスの提供を開始
– 「ClassCat® AutoDL for Kubeflow」 –

株式会社クラスキャット (代表取締役社長:佐々木規行、茨城県取手市) は、人工知能分野における PoC (概念実証) を技術的観点から支援・効率化することを主目的として自動深層学習サービス「ClassCat® AutoDL for Kubeflow」を本日 (04月07日) から提供開始することを発表致しました。本サービスはクラスキャットが提供する人工知能研究開発支援プログラムのサービスの一つとして提供されます。自動深層学習 (AudoDL, Automated Deep Learning) は自動機械学習 (AutoML) の一種で深層学習プロセスの自動化を可能にします。深層学習フレームワークとして TensorFlow 2 及び PyTorch が利用可能で、Kubernetes 上で機械学習ワークフローをクラウド展開可能な Kubeflow 1.0 にも対応しています。   [Read More …]   (04/07/2020)

◆ 主なメディア掲載

 

Docker 対応 テレワーク向け Web 会議ソリューション新製品を 4 月から提供開始

Press Release (03/23/2020)
Docker 対応、マルチユーザ・ホワイトボードやデスクトップ共有が利用可能な
テレワーク向け Web 会議ソリューション新製品を 4 月から提供開始
– 「ClassCat® WebConference Enterprise Edition」 –

株式会社クラスキャット (代表取締役社長:佐々木規行、茨城県取手市) は、テレワークの導入支援・推進を主目的とする、Web 会議ソリューションの新製品「ClassCat® WebConference Enterprise Edition」を2020年4月から提供開始することを発表致しました。本製品はモバイル対応をはじめとする標準的な Web 会議システムの機能に加えて、マルチユーザ・ホワイトボードの利用やデスクトップ共有が可能であり、更に Docker コンテナ実装のフロントエンドが切り替え可能である点が特徴的です。特別な機器は一切不要です。また本製品はマルチクラウド上のマネージド・サービスとして提供されますが OEM 提供も行ないます。
   [Read More …]   (03/23/2020)

◆ 主なメディア掲載

 

深層学習ベースの日本語及び印欧語対応 自動テキスト要約/翻訳サービスを提供開始

Press Release (02/04/2020)
深層学習ベースの日本語及び印欧語対応
自動テキスト要約/翻訳サービスをサードパーティ向けに SDK と共に提供開始
– 「ClassCat® Text Summarizer Multilingual Edition v1.0」 –

AI システムインテグレータの株式会社クラスキャット (代表取締役社長:佐々木規行、茨城県取手市) は、深層学習モデルをベースとする多言語対応の自動テキスト要約サービス「ClassCat® Text Summarizer Multilingual Edition v1.0」を本日 (2月4日) から提供開始することを発表致しました。本サービスはサードパーティ向けに RESTful API (及び開発者向け SDK) として提供され、要約されたテキストを他言語に翻訳するサービスも併せて利用可能です。
v1.0 リリースでは日本語及び主要な印欧語 (英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語・イタリア語・ポルトガル語) に対応しています。   [Read More …]   (02/04/2020)

◆ 主なメディア掲載

 

BERT モデルをベースとする 100 言語対応の自動テキスト要約ソリューションを 2020 年 2 月から提供開始

Press Release (01/14/2020)
自然言語処理技術 BERT モデルをベースとする 100 言語対応の
自動テキスト要約ソリューションを 2020 年 2 月から提供開始
「ClassCat® Text Summarizer Multilingual Edition」

株式会社クラスキャット (代表取締役社長:佐々木規行、茨城県取手市) は、深層学習モデルをベースとする多言語対応の自動テキスト要約ソリューション「ClassCat® Text Summarizer Multilingual Edition」を 2020 年 2 月から提供開始することを発表致しました。対応可能な言語は日本語と英語を中心におよそ 100 言語に渡り、重視する言語の要約品質をあげるためにチューニングすることも可能です。BERT と呼称される自然言語処理技術を応用しており、実装は標準的な深層学習フレームワークの最新版 TensorFlow 2.1 と PyTorch 1.3 を利用しています。   [Read More …]   (01/14/2020)

お問合せ : 本件に関するお問い合わせ先は下記までお願いいたします。

株式会社クラスキャット セールス・マーケティング本部 セールス・インフォメーション
E-Mail:sales-info@classcat.com ; WebSite: http://www.classcat.com/
Facebook: https://www.facebook.com/ClassCatJP/

◆ 主なメディア掲載

 

IBM Q Experience 対応 量子機械学習を可能にする TensorFlow エコシステムの提供を開始

Press Release (11/12/2019)
クラスキャット、IBM Q Experience 対応
量子機械学習を可能にする TensorFlow エコシステムの提供を開始
GPU と QPU のハイブリッド環境で動作「ClassCat® Hybrid QNN」

株式会社クラスキャット (代表取締役社長:佐々木規行、茨城県取手市) は、量子機械学習ツールキット「ClassCat® Hybrid QNN」を本日 (11月12日) から提供開始することを発表致しました。本製品は IBM Q Experience で利用可能な量子プロセッサを始めとする各種量子デバイスやシミュレータ上で量子機械学習を遂行できる製品で、深層学習フレームワーク TensorFlow のエコシステム (拡張キット) として提供されます。GPU アクセラレータと QPU (量子処理ユニット) のハイブリッド環境で高速に量子機械学習を実行できます。   [Read More …]   (11/12/2019)

◆ 主なメディア掲載

 

TensorFlow 2.0 に対応した人工知能研究開発支援サービス及び人工知能コレクションの提供を開始

Press Release (10/07/2019)
クラスキャット、TensorFlow 2.0 に対応した人工知能研究開発支援サービス
及び人工知能コレクション「ClassCat® Eager-Brains v2.0」の提供を開始
人工知能研修サービス / テクニカルコンサルティング・サービス

株式会社クラスキャット (代表取締役社長:佐々木規行、茨城県取手市) は、深層学習フレームワーク最新版 TensorFlow 2.0 対応の人工知能コレクション「ClassCat® Eager-Brains v2.0」を本日 (10月07日) から提供開始することを発表致しました。コンピュータビジョン分野の画像処理や GAN (Generative Adversarial Network) として知られる画像生成・変換のタスクを遂行する人工知能を中心にマルチクラウド環境で提供します。
また併せて、TensorFlow 2.0 に対応した人工知能研究開発支援サービスの提供も開始致します。ユーザ企業はこのサービスを活用する事により、人工知能テクノロジーに精通した人材を確保することなく、TensorFlow 2.0 ベースの人工知能テクノロジーを活用した自社サービスを市場に展開する事が可能となります。   [Read More …]   (10/07/2019)

◆ 主なメディア掲載

 

リアルタイム物体検出ソリューション「ClassCat® ObjDetector v3.0」を 2019年6月から提供開始

Press Release (05/27/2019)
高速・高精度な AI アルゴリズムをサポートするリアルタイム物体検出ソリューション
「ClassCat® ObjDetector v3.0」を 2019年6月から提供開始
TensorFlow 新実行モードに対応 / 『YOLO 3』『網膜ネット』をサポート

クラスキャット AI リサーチ (株式会社クラスキャット、代表取締役社長:佐々木規行、茨城県取手市)は、米 Google 社によりオープンソース化された人工知能フレームワーク TensorFlow 上に構築された、高速・高精度なリアルタイム物体検出ソリューション「ClassCat® ObjDetector v3.0」を 2019年6月から提供開始することを発表致しました。
物体検出は活発に研究されている人工知能分野の一つで、画像や動画上の複数種類の物体の位置を特定してクラス分類することを可能にする応用範囲が広い技術です。   [Read More …]   (05/27/2019)

◆ 主なメディア掲載

 

Press Release : 米国 VC Innovation Finders Capital との協業を開始

Press Release (05/13/2019)
米国 VC Innovation Finders Capital との協業を開始
企業向け人工知能テクノロジー導入支援を強化

株式会社クラスキャット(茨城県取手市 AI Lab:代表取締役社長:佐々木 規行)は、企業向け人工知能導入支援サービス強化の一環として、米国ベンチャーキャピタルである Innovation Finders Capital社 (ワシントン州カークランド:CEO, Co-Founder and Managing Partner:江藤 哲郎)との協業を開始いたします。

本協業により、日本企業の人工知能テクノロジーの導入をいち早く実現する事を可能とします。米国のスタートアップ企業のテクノロジーやサービスなどを紹介するだけではなく、弊社、クラスキャットが提供している[人工知能研究開発支援]と共に提供します。 [Read More …]   (05/13/2019)

 

Press Release : TensorFlow 新実行モードに対応した人工知能コレクションを提供開始

Press Release (04/16/2019)
クラスキャット、TensorFlow 新実行モードに対応した人工知能コレクション
「ClassCat® Eager-Brains v1.0」を 2019年5月 から提供開始
コンピュータビジョン最先端人工知能をマルチクラウド環境で提供

クラスキャット AI リサーチ (株式会社クラスキャット、代表取締役社長:佐々木規行、茨城県取手市)は、深層学習フレームワーク TensorFlow の新実行モードに対応した人工知能コレクション「ClassCat® Eager-Brains v1.0」を5月7日から提供開始することを発表致しました。v1.0 ではコンピュータビジョン (画像処理) 分野の人工知能コレクションを提供予定です。動作環境はマルチクラウドに対応しています。 [Read More …]   (04/16/2019)

◆ 主なメディア掲載

 

クラスキャット、企業向け人工知能テクノロジー導入支援サービスを強化

Press Release (01/15/2019)
企業向け人工知能テクノロジー導入支援サービスを強化
AI ソリューションパートナーとの協業強化

株式会社クラスキャット(代表取締役社長:佐々木 規行)は、企業向け人工知能導入支援サービスの強化と共に、既にAIソリューションを保有している企業との協業体制も強化し、本日から新サービスとして提供する事を発表いたしました。

[Read More …] (01/15/2019)

 

 

お問合せ
本件に関するお問い合わせ先は下記までお願いいたします。

株式会社クラスキャット
セールス・マーケティング本部 セールス・インフォメーション
E-Mail:sales-info@classcat.com
WebSite: http://www.classcat.com/

 


※ ClassCat は株式会社クラスキャットの登録商標です。
※ その他、記載されている会社名・製品名は各社の登録商標または商標です。

AI導入支援 #2 ウェビナー

スモールスタートを可能としたAI導入支援   Vol.2
[無料 WEB セミナー] [詳細]
「画像認識 AI PoC スターターパック」の紹介
既に AI 技術を実ビジネスで活用し、成果を上げている日本企業も多く存在しており、競争優位なビジネスを展開しております。
しかしながら AI を導入したくとも PoC (概念実証) だけでも高額な費用がかかり取組めていない企業も少なくないようです。A I導入時には欠かせない PoC を手軽にしかも短期間で認知度を確認可能とするサービの紹介と共に、AI 技術の特性と具体的な導入プロセスに加え運用時のポイントについても解説いたします。
日時:2021年10月13日(水)
会場:WEBセミナー
共催:クラスキャット、日本FLOW(株)
後援:働き方改革推進コンソーシアム
参加費: 無料 (事前登録制)
人工知能開発支援
◆ クラスキャットは 人工知能研究開発支援 サービスを提供しています :
  • テクニカルコンサルティングサービス
  • 実証実験 (プロトタイプ構築)
  • アプリケーションへの実装
  • 人工知能研修サービス
◆ お問合せ先 ◆
(株)クラスキャット
セールス・インフォメーション
E-Mail:sales-info@classcat.com