ホーム » TensorFlow » TensorFlow Graphics : Tutorials : 非剛体サーフェス

TensorFlow Graphics : Tutorials : 非剛体サーフェス

TensorFlow Graphics : Intermediate Tutorials : 非剛体サーフェス (翻訳/解説)

翻訳 : (株)クラスキャット セールスインフォメーション
作成日時 : 05/30/2019

* 本ページは、TensorFlow Graphics の github レポジトリの次のページを翻訳した上で適宜、補足説明したものです:

* サンプルコードの動作確認はしておりますが、必要な場合には適宜、追加改変しています。
* ご自由にリンクを張って頂いてかまいませんが、sales-info@classcat.com までご一報いただけると嬉しいです。

 

 

TensorFlow Graphics : Intermediate Tutorials : 非剛体サーフェス

非剛体サーフェス変形はとりわけ、メッシュを対話的に操作したりポイントクラウドに fit させるためにテンプレートメッシュを変形するために使用できるテクニックです。メッシュを操作するとき、これは例えばユーザにキャラクターの手を動かして腕の残りを現実的な方法で変形させることを可能にします。変形はまたパーツのスケールやメッシュ全体に渡り遂行できることに注意することは興味深いでしょう。

このノートブックは上の画像に含まれる一つに類似した変形を遂行するためにどのように TensorFlow Graphics を使用するかを示します。

 

セットアップ & Imports

このノートブックに含まれるデモを実行するために必要な総てを import しましょう。

from __future__ import absolute_import
from __future__ import division
from __future__ import print_function

import numpy as np
import tensorflow as tf

from tensorflow_graphics.geometry.deformation_energy import as_conformal_as_possible
from tensorflow_graphics.geometry.representation.mesh import utils as mesh_utils
from tensorflow_graphics.geometry.transformation import quaternion
from tensorflow_graphics.math.optimizer import levenberg_marquardt
from tensorflow_graphics.notebooks import threejs_visualization
from tensorflow_graphics.notebooks.resources import triangulated_stripe

tf.enable_eager_execution()

この例では、flat と矩形サーフェスに対応するメッシュを構築します。スライダーを使用して、そのサーフェスに適用される変形コンストレイントの位置を制御できます。これらはそれぞれメッシュの左境界、中心、そして右境界に沿った総てのポイントに対応します。

mesh_rest_pose = triangulated_stripe.mesh
connectivity = mesh_utils.extract_unique_edges_from_triangular_mesh(triangulated_stripe.mesh['faces'])
camera = threejs_visualization.build_perspective_camera(
    field_of_view=40.0, position=(0.0, -5.0, 5.0))
width = 500
height = 500
_ = threejs_visualization.triangular_mesh_renderer([mesh_rest_pose],
                                                   width=width,
                                                   height=height,
                                                   camera=camera)

 

以上






AI導入支援 #2 ウェビナー

スモールスタートを可能としたAI導入支援   Vol.2
[無料 WEB セミナー] [詳細]
「画像認識 AI PoC スターターパック」の紹介
既に AI 技術を実ビジネスで活用し、成果を上げている日本企業も多く存在しており、競争優位なビジネスを展開しております。
しかしながら AI を導入したくとも PoC (概念実証) だけでも高額な費用がかかり取組めていない企業も少なくないようです。A I導入時には欠かせない PoC を手軽にしかも短期間で認知度を確認可能とするサービの紹介と共に、AI 技術の特性と具体的な導入プロセスに加え運用時のポイントについても解説いたします。
日時:2021年10月13日(水)
会場:WEBセミナー
共催:クラスキャット、日本FLOW(株)
後援:働き方改革推進コンソーシアム
参加費: 無料 (事前登録制)
人工知能開発支援
◆ クラスキャットは 人工知能研究開発支援 サービスを提供しています :
  • テクニカルコンサルティングサービス
  • 実証実験 (プロトタイプ構築)
  • アプリケーションへの実装
  • 人工知能研修サービス
◆ お問合せ先 ◆
(株)クラスキャット
セールス・インフォメーション
E-Mail:sales-info@classcat.com